安心して働きたいフリーランスITエンジニアが信頼できるエージェントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

会社員ではなくフリーランスITエンジニアとして働き始めると、自分で営業をし、交渉し、契約などといったことを全て1人で行う必要があります。これだけのことを1人でやっていると、「営業を頑張ったけど、忙しくてそれ以外が出来なかった」などと本末転倒の結果に繋がることもでてくるでしょう。また、契約する際にも、やはり会社員に比べて立場が弱いので、金額を下げられることもあるかもしれません。

こういった問題に対して、営業や契約を肩代わりしてくれるのが「エージェント」です。フリーランスITエンジニアが純粋に仕事に集中するために欠かせないエージェント。いったいどういったエージェントが良いのでしょうか。

なぜエージェントが必要か

改めて、フリーランスITエンジニアとして働くためには、なぜエージェントが必要なのか考えてみましょう。そして何をもってして、「良いエージェントである」と言えるのでしょうか。

エージェントが必要な理由

まず、会社員として組織で働く場合を思い浮かべてみてください。組織には「総務部」「営業部」「情報システム部」などさまざまな部門に分かれて、分業しながら業務を行なっています。

しかし、フリーランスになると、これらすべてを1人でやる必要があります。これは考えるまでもなくものすごい負担です。新しいクライアント(顧客)を求めて営業を行いながら、仕事をして、経理も行うとなると、負荷が高くなるのは必至で、営業力はついたが仕事に集中出来なかったなど、力を入れることが出来ない部分が出てくることもあるでしょう。

こういったときに有効になるのが「エージェント」です。エージェントは、働きたいと思うフリーランスITエンジニアと、技術者を募集したいと思うクライアントの間に経ち、営業活動を行なっています。

フリーランスITエンジニアがエージェントを求める理由

フリーランスITエンジニアから見れば、

  • 自分に成り代わって多数の仕事情報を集める
  • 自身の売り込みポイントを代わりに伝えてくれる

という役割を担っていると言えるでしょう。

そもそも、フリーランスになるきっかけの1つに、「この環境で働きたいけど、会社員としてではなく独立したい」という場合があります。元々その会社の社員だったが、独り立ちしたい、という理由です。この場合はエージェントなど不要で、会社側・フリーランス側に共に信用、信頼があるため、スムーズにフリーランスへの切替えができると思います。その後も、長年仕事を継続し、更に紹介などで仕事をつないで行くやり方です。

しかしそういうスタート方法ではなく、フリーランスを目指す人も多いでしょう。その場合は、一から自分の働き先を探さなくてはなりません。ある意味、転職活動をしているのと同じような労力が発生します。

その負担を少しでも減らすことが出来るのがエージェントです。仕事(案件と呼ばれます)の情報を多く集めており、フリーランスITエンジニアの働きたい条件の中からあったものを提案することができます。また、クライアントにもフリーランスITエンジニアのスキルや経験を売り込み、就業決定できるよう努めます。

企業(クライアント)がエージェントを求める理由

反対に、企業(クライアント)側がエージェントを利用する理由はどこにあるのでしょうか。

  • 自社では集客力がないため、欲しい人材を集めることが出来ない
  • なにか問題があった時の、責任の所在が不安になるため、エージェントを利用したい

などが考えられます。

こぞって働きたくなるような有名企業であれば、勝手に応募されるかもしれませんが、知名度の低い、広告もうっていない企業の場合、自力だけで人材を募集することは困難です。店の前に、アルバイト募集の張り紙を出すような飲食店などはまだ良いですが、ビルの中にある企業ともなると、張り紙を出すこともできず、出してもそこを通る人なんてまばらですよね。

人のつてを頼るなどの方法に偏ってしまい、結果としては広く優秀な人材を集めることができない、という状況になります。

それならインターネットはどうでしょうか。自社のホームページに求人情報を掲載すればよいのでは、と思うかもしれませんが、そのホームページを、どうやって見つけてもらうのでしょう。なにか商品を作っていたりすれば、商品名で検索されることはあるかもしれませんが、知名度の低い会社の名前で検索してくれる人などほぼいないといっていいでしょう。だからこそ、広告をかけ、広く知られるように努力するわけです。しかし、広告をかける予算があまりない企業も多く存在します。

そこで有効なのがエージェントです。エージェントには多くのフリーランスITエンジニアが登録しており、エージェントにはその人達のスキルや経験の情報が多く集まっています。「こういう人材がほしい」という情報をエージェントに伝えると、それにあった人材の提案を受けることができる、というわけです。

もちろん直接採用するよりはコストがかかってしまう場合もありますが、契約締結するまで発生しないため、ずっと出し続けなければいけない広告コストに比べると、安価に欲しい人材を見つけることができる、というメリットがあると考えられます。

もう1つの理由は、簡単に言ってしまうとトラブル回避の策という見方があります。企業が個人と契約する、というのはかなりの信頼関係の上で成り立つものです。アルバイトとして働いた経験がある人なら分かるかもしれませんが、学生時代のアルバイトはなんだか気軽で、すぐに休んでしまったり、辞めてしまったりということは無かったでしょうか。

アルバイトであっても、何かしらの条件に基づいた契約を締結しているわけなので、本来は、あまり気軽に考えてもらっては困るはずです。それでも、アルバイトやパートよりも社員の方がしっかり働かないといけない、という雰囲気がなんとなくありますね。

そんな状況の中、新しくフリーランスという働き方が生まれました。

フリーランスは個人事業主なので、本来、個人とは言っても法人と同じぐらい責任を持って仕事に向き合うべきですが、そうではない人も多くいる状況が長く続いています。そうなると、企業がフリーランスの力を借りたいとしても、契約を遵守し、依頼した仕事を全うしてもらえるかどうか、不安な企業が多く出てきてしまいました。

ある意味、フリー過ぎるフリーランスがいるおかげで、多くの真面目に仕事をしているフリーランスの方々が煽りを食ってしまった状態ともいえます。残念なことですが、フリーランスは簡単に名乗る事が出来る以上、この実態は当面続くと考えられます。

そこで、企業(クライアント)はエージェントにその責任の所在を求めることになります。フリーランスがきちんと依頼した仕事を全うしてもらえるか、また、もし急に仕事が行えなくなった場合でも変わりの人材を提供できるか、出来ない場合の補償はどうするか、などを、企業(クライアント)とエージェントの間で契約を取り交わす事としたのです。

法人対法人の契約となるわけで、エージェント経由で技術者の登用にかかるコストも、このリスク回避の為と考えれば納得、と感じる企業も増え、大企業でもフリーランスに仕事を依頼する傾向にあります。

そして、企業が直接契約する代わりにエージェントがフリーランスと契約することで、フリーランスに案件情報を提供するだけではなく、実際に仕事が始まった後のフォローや、仕事上での課題を企業側に伝える役割を担っています。結果として、企業(クライアント)と、仕事をするフリーランス、エージェントの三方良しの関係が作られました。

信頼できる良いエージェントとは

では、フリーランスITエンジニアにとってどういったエージェントが信頼できる、良いエージェントなのでしょうか。

  • 自分が希望していない仕事を無理やり決めさせようとしない
  • 契約時の対応、契約書の内容がしっかりしている
  • 報酬金の支払いや未払いが発生しない
  • 企業規模がある程度大きく、また長年事業が続いている
  • これまでの自分の仕事の幅を広げるようなサポートをしてくれる
  • 安定した収入を確保できるようなサポートがあり、今後のキャリアプランも相談できる

などがあるでしょう。

必要に迫られて誕生したエージェントも、現在ではフリーランスITエンジニアにとっての手厚いサービスを売りとする所が増えてきました。

仕事の紹介はもとより安定して収益を確保し、フリーランスの人々が将来にわたって安心してキャリアプランを描いていけるようにサポートしてくれるエージェントというものが、非常に良いエージェントであると言えます。もちろん、不安要素となる契約書の内容に不備があったり、報酬金の支払遅れなどが発生するようでは全うなエージェントとは言えません。

もし今利用されているエージェントが、仕事を紹介するだけであとはほったらかし、という印象を抱いているようであれば、今の時代にはそぐわないエージェントと言えるでしょう。すぐにでも他のエージェントに変更する事をお勧めします。

以下の本サイト人気記事を参考に、是非検討してみて下さい。

フリーランスになったら登録すべき最強エージェント5社

 

エージェント利用で気をつけること

最後に、フリーランスITエンジニアとしてエージェントを活用する上で、どういったことに気をつけると良いのかポイントを見ておきましょう。うまく活用し、良い効果をあげるためにはどのようにすれば良いのでしょうか。

エージェントを活用する上で、気をつけておくべきポイントは、以下の3つです。

  • 登録にあたって、そのエージェントの得意不得意を把握しておく
  • スタッフやカウンセラーとしっかりコミュニケーションをとる
  • 疑問点や納得いかないところはスタッフに確認する

最初の3点は実際にエージェントを利用していく上での心構えです。自らのキャリアプランを含めて、スタッフやカウンセラーとしっかりと話し合い、お互いが同一の方向を向けるようにしておきましょう。また、その際には疑問点などをしっかりと確認することも大切です。

同じフリーランスでも、在宅がメインとなるクラウドソーシング等の働き方と違い、エージェント利用では違う面が多くあります。この辺りのことはポイントとして押さえておきましょう。

まとめ

フリーランスITエンジニアは、一般の会社員とは大きく異なり組織に守られない中で、営業や経理、業務などすべてを行う必要があります。これは非常に大変なことです。

これをサポートしてくれる便利なサービス、それがエージェントサービスですが、フリーランス側だけでなく、企業(クライアント)側にも利用する理由があります。

理由を理解した上で、現在エージェントを利用していない、もしくは今のエージェントが不満なら、以下の人気記事も参考に、信頼できるエージェントを利用して下さい。

フリーランスになったら登録すべき最強エージェント5社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

フォスターフリーランスチャットボット

コメント

コメントは停止中です。

運営会社 | サイトマップ