IT助成金イメージ画像

社会人になってから「もっと勉強すればよかった」、「もっと学べばよかった」と思える人は、現在、自分に何が欠けているかを真剣に考えることのできる高い意識を持っていると思います。

ただ、比較的自由で時間に余裕のある学生時代ならまだしも社会人になると腰を据えて勉強するのは案外難しいものです。

日々の業務と勉強を両立するのは自信を律する強い精神力が必要とされます。そこで、スクールや通信講座を活用すれば、その道のプロの指導によって最短距離で資格取得などの成果に結び付けられそうですが、

受講料もバカにはなりません。「勉強するにもお金がかかるな」と思って諦めてはいませんか?そんな人たちのために、国の補助金が出る制度があります。

 

続きを読む

プログラマー初心者イメージ画像

多くの若者が生まれながらにしてコンピューターと何らかの関わりを持つ時代となりました。コンピューターを動かすプログラムを使用して、様々なサービスを創造し、世の中に新しいシステムを築いていくプログラマーの仕事に憧れている人も多いと思います。

しかし、専門的な学校に行き、在学中に斡旋を受けたりしない限り、すんなりとプログラマーの仕事に就くことは簡単ではありません。具体的にどのようにしたらよいのかについては知らない人も案外多いはずです。また、学生時代にプログラミングを少しは覚えたものの、卒業後は他の仕事をしていた人もいるでしょう。

今回は、プログラマーになりたいけど具体的にどうしたら…という人のためにプログラマーの仕事につく方法をご紹介します。

続きを読む

ITストラテジスト試験イメージ画像

ITストラテジスト試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつで、企業の経営戦略に基づき、情報技術を活用してビジネスを成功に導くCIOやCTO、ITコンサルタントを目指す人に最適です。難関試験ですので、ある程度の実務経験を活かして挑戦した方が有利でしょう。

続きを読む

ソフトウェア開発イメージ画像

基本情報技術者試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつで、IT業界で働くために必要な基本知識と情報処理に必要な論理的思考が問われます。

IT業界の登竜門的な資格で人気があり、企業からの評価も高い国家試験です。この試験の特徴は、受験資格がなく、ソフトウェア開発の知識がなくても独学で十分合格可能であることが挙げられます。

続きを読む

応用情報技術者試験勉強方法 イメージ画像

応用情報技術者試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル3)で、「高度IT人材となるために必要な応用的知識・技能をもち、高度IT人材としての方向性を確立した者」を対象者像として規定しています。

資格取得を推奨している会社も多く、ある程度の経験を積んだシステムエンジニアやプログラマーが挑戦する試験でもあります。また、高度情報処理技術者試験(スキルレベル4)に向けての登竜門的な試験ともされています。

続きを読む

転職SEイメージ画像

SEとして数年勤めると、目の前の仕事はもちろんのこと、会社の実情や問題点など様々なことが見えてきます。現在の自身の立ち位置が明確に理解でき、その先までもが見通せるようになっていることでしょう。

そうすると今の会社ではステップアップが望めないと感じることも多くなってくると思います。組織は上へ行けば行くほどその門は狭くなり、たとえ能力があっても不相応な身分に甘んじなければならないケースも出てきます。

特に上流工程の職務を希望しても、勤務先からの受注形態等の理由で職務の変更が不可能となれば、自身の力では如何ともしがたく、転職も視野に入ってくることでしょう。

自分自身がSEとして貪欲にキャリアアップを志向しているのに、それが望めない環境ならば、迷う理由はないはずです。そこで今回は、SEが転職して、キャリアアップするために外せないポイントをご紹介します。

続きを読む

システムエンジニア本イメージ画像

システムエンジニアになったばかりの頃は、必要とされる知識やスキルが膨大であること悩むと思います。しかし、「千里の道も一歩から」。正しい知識を、段階を踏んで学んでいけば着実に成長することができます。

ここでは、システムエンジニアを目指す人が学ぶのに最適な書籍を6冊ピックアップしました。

 

続きを読む

運営会社 | サイトマップ