オフィス整理術

多忙なITエンジニアの業務に没頭し、ふと気が付くと「デスクがものでいっぱい」なんてことはありませんか?この状態では「あれどこにあったっけ?」と積み重なった書類をひっくり返して余計にややこしくなるのが関の山。

そこで1日たった15分でできるオフィス整理術をご紹介します。オフィスをキレイに保ち、業務効率アップにぜひともお役立てください。忙しいとは思いますが、15分だけ、かたづけの時間をください。この15分が大きな成果となって皆さんに還ってくることでしょう。

 

続きを読む

PM資格

プロジェクトマネージャ(PM)試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル4)で、「高度IT人材として確立した専門分野をもち、システム開発プロジェクトの責任者としてプロジェクト計画を立案し、必要となる要員や資源を確保し、計画した予算、納期、品質の達成について責任をもってプロジェクトを管理・運営する者」を対象者像として規定しています。

高度情報処理技術者試験の最難関として名高く、情報処理技術者試験の中で最も合格率が低いIT業界の花形とされている資格です。

 

続きを読む

システム監査技術者試験

システム監査技術者試験は、経済産業省が主催する国家資格「情報処理技術者試験」の区分のひとつ(スキルレベル4)で、「高度IT人材として確立した専門分野をもち、被監査対象から独立した立場で、情報システムや組込みシステムに関するリスク及びコントロールを総合的に点検、評価し、監査結果をトップマネジメントなどに報告し、改善を勧告する者」を対象者像として規定しています。

合格者は日本システム監査人協会に登録申請のうえ、2年以上のシステム監査の実務経験を積むことで公認システム監査人(CSA)に認定されます。

 

続きを読む

書店に行けば仕事術に関する書籍は数多くありますが、タスク管理に関するものはさほど多くはない印象があります。特にタスク管理術に関しては人にあったやり方があって、一概にこれがベストと言えるものがないのが一番の要因かと思われますが、

人のやり方を学ぶことによって参考にできることは多いはずです。そこで今回は、パソコンとスマートフォン(iPhone)を使ったタスク管理術をご紹介します。

 

続きを読む

仕事は業務や納期とともに、ストレスとの戦いでもあります。仕事をしているとどうしても人間関係などでストレスが溜まってしまいます。過度なストレスはモチベーションを下げ、生産性を低下させるまさに大敵。

そこで今回はストレスが溜まる事態を避けるために、ストレスを上手にかわすための気持ち整理術をご紹介します。

 

続きを読む

仕事にストレスはつきものです。しかし、過度にストレスを抱えてしまうとモチベーションが下がり、パフォーマンスが落ちてしまう悪循環に陥ってしまうことはありませんか?これは、ストレスによって心の余裕がなくなっていることが原因です。

これが積もりに積もると出社不能になってしまうことも…。そこでフラットな精神状態を維持し、モチベーションをアップするために、ストレスを上手に逃がす方法をいくつかご紹介します。

 

続きを読む

デスクトップの整理

オフィスワークなら1人のデスクに最低パソコン1台が与えられることは当たり前の時代になりました。とはいえ、ボールペンや鉛筆がキーボードに、帳簿がパソコン内の画面に切り替わっただけでやっていることは同じというケースも少なくありません。

とするとかつて机に積み上げられ、ときに散乱していた書類はきっとパソコンの中でゴチャゴチャになっていることでしょう。そんな人たちのパソコンのデスクトップ画面は「とりあえず保存」したファイルで所狭しと埋め尽くされているはずです。

もう少しデスクトップが整理できたら、仕事も効率よく進むのに…

 

続きを読む

自己分析の方法

「就活でもっとやっておけばよかったことランキング」で堂々1位に輝いたのが「自己分析」です。就活における自己分析は、自分の強みを知り、自信をもって自分を売り込むための大切なプロセスです。

しかし、自己分析を就活だけにとどめていてはもったいありません。日常生活においても自己分析によって自身の特性を知れば、TPOに合った適切な振る舞いができることでしょう。

このように自分を客観的に見ることはとても大事なことなのです。

 

続きを読む

プログラミング検定

ほとんどすべての企業にコンピューターが導入され、家庭にも広くパソコンが普及した現在、情報化社会の主役であるコンピューターを学ぶことは、現代社会を生き抜くための重要な要素となっています。それに伴って、コンピューターに関するスキルを図る様々な資格が人気を集めています。

自分の実力を図るため、またはスキルアップのためにこれらの資格取得に挑戦する人が増えているそうです。

 

続きを読む

運営会社 | サイトマップ