フリーランス メリット

2015年9月16日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

景気は回復傾向にあると言われていますが、その恩恵に与っているのはごく一部。

未だ「失われた20年」と言われる不況下にあって、年功序列や定期昇給といったかつての会社のカタチは徐々に崩れつつあるのが現状です。

テクノロジーが日々進化する中で求められるスキルも労力も過去とは比較にならないほど高度なものとなっているはずですが、

肝心の給料は据置きか徐々に目減りするという憂き目にあっているITエンジニアも多いでしょう。

続きを読む

IT技術者不足

今さら述べるまでもなく、IT産業は右肩上がりの成長を続けています。まだまだ民間レベルでは実感は難しいものの、近年の景気回復傾向にともなって大企業を中心に情報システムへの投資拡大や、大規模プロジェクトが着々と進んでいます。

特に、2016年1月から始まるマイナンバー制度に対応すべく安全管理措置の必要からセキュリティー対策の強化が多くの企業の課題となっており、IT技術者は深刻な人手不足の状況に陥っています。

加えて、2016年は、IoT(モノのインターネット)が黎明期を迎えるとされ、日々進化するテクノロジーとは裏腹に、その進化を下支えする人材が足りなくなるという救いがたいジレンマに陥りつつあるのです。

今回は、そのようなIT技術者不足の背景について考察を加えていきます。

続きを読む

フリーランス 職務経歴書

2015年9月18日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

フリーランスが初めて取引する企業との契約を取り付ける際、職務経歴書の提出を求められることがあります。企業からすればフリーランスとの取引は、正直な話はじめは「どこの馬の骨ともつかぬ人間」と仕事をするようなものです。

スキル不足やミスマッチを避けるために、彼らがこれまで「何をしてきたか?」「何ができるか?」を知りたがるのは当然のことと言えます。

仕事を進めるうえで最も大切なのはコミュニケーションであることは疑う余地もありませんし、最終的には「人柄」がモノを言うことが多いのはどの業界も同じです。

続きを読む

フリーランス 正社員

2015年9月19日の記事を再構成(文言の追加)をして作成した最新記事です。

不退転の決意でフリーランスになった人たちの中にも、何らかの理由で正社員に戻りたい、もしくは戻らざるを得ない状況に置かれている人もいるのではないでしょうか。ほとんどの人は、会社に就職しキャリアを積み重ねる中で、ふと自身の将来について真剣に考え、人生の重大な選択をする期間があると言われています。

正社員としてこのまま歩んでいけば、余程のことがない限り安定した収入が保証され、結婚、子育て、マイホームなど大きな支出が予想されるライフイベントも安心して迎えることができるでしょう。しかし、一度しかない人生ですから、当然のことながら「自分はこのままでいいのか?」という強い思いに駆られることもあるのではないでしょうか。

続きを読む

テストエンジニア

ITエンジニアと聞くと真っ先に思い浮かぶのがプログラマーやアプリ開発など、「表の仕事」を粛々と遂行する人たちではないでしょうか?

しかし、彼らが精魂込めて作り上げた「作品」もたった一か所の不備があったがためにそれがバグとなり、不良品の烙印を押され、ともするとクライアントや市場との信頼関係を損ねることにもなりかねません。

製品開発において、製品の動作確認を行い欠陥や不具合を発見するとともに、改善策や提案により高品質な製品を作り上げていくことに貢献するテストエンジニアの存在が必要不可欠となっています。テストエンジニアは、自動車のテストドライバーとも似ています。

続きを読む

エンジニア募集

2000年代初頭の「IT革命」以降、IT業界の成長は留まるところを知らず、右肩上がりの伸びを見せています。今やITなしにはビジネスも生活も成り立たないほど、欠かすことのできないものとなりました。

エンジニア不足が深刻化するIT業界

2008年のリーマンショックによりIT業界への投資に陰りが見えたものの、近年の国内景気の回復傾向によって息を吹き返しています。スマートフォンは、便利なアプリケーションやゲームなどが充実し、いわゆる「ガラケー」と言われる携帯電話に取って代わり、さらに2016年には、IoT(モノのインターネット)が黎明期を迎えるとされ、IT業界は更なる成長を遂げようとしています。その一方で深刻な問題となりつつあるのが成長するIT業界を担うエンジニアの絶対的な不足です。

 

続きを読む

ステップアップ

近年は、「転職エージェント」のCMを見かけない日がないと言えるほど「転職」が当たり前の時代となりました。あるメディアの調査によると正社員として就業している20代から30代の2人に1人以上が転職経験者であると言われています。

定期昇給や終身雇用が保証されたかつての企業のカタチは徐々に姿を消し、求めている会社、求められる会社で働く時代が到来しつつあるのかも知れません。

しかしながら、入社後数年での転職となると周囲の人、特に先輩や上司は、「お前は甘い」、「忍耐強さが足りない」、「石の上にも3年だ」などと概して「転職するにはまだ早い」というニュアンスの言葉で説得とも誹謗ともつかぬ言葉を投げかけてくることでしょう。

そこで今回は、果たして入社後数年での転職はNGなのか、今後のステップアップにならないのかを考えてみました。

 

続きを読む

ブラック企業

近年、「ブラック企業」であるという評判によって業績を大幅に低下させた会社があるのは記憶に新しいところです。

この風説が広く知られるようになったのはその会社の知名度が高かったたらであって、表に出ない「ブラック企業」は星の数ほどあると考えて差し支えないでしょう。

ブラック企業を「過重労働、低賃金で社員を使い潰す企業」であるとするならば、その会社に属する社員は将来に希望も持てず、過重労働による事故や病気の危険と常に隣り合わせの状態で働くことを強いられています。また、一度入ってしまうと、辞めることが難しいのもブラック企業の特徴ですが、会社の不利益になると判断されると真っ先に切り捨てられるわけですから、根性がつく以外は何も身に付かない、これがブラック企業の実態なのです。

続きを読む

フリーランス マンション購入

いざフリーランスになるといっても、いきなり会社を辞めて独立…というわけにはいきません。仕事の分野は同じでも正社員とフリーランスは、立場も環境もまったく異なるからです。フリーランスになって成功するためにはそれ相応の準備が必要です。

そこで今回は、フリーランスになる前にやるべきことを10個に厳選してご紹介します。

 

続きを読む

IT業界 転職

2012年から中学校の技術家庭科で「プログラムによる計測・制御」が必修となり、政府が発表した成長戦略の中には、義務教育段階からのプログラミング教育の推進が明記されています。

海外では、イギリスで2014年に15~16歳でのプログラミング教育が必修化されており、周辺諸国もそれに倣う動きを見せています。

このように、今後IT技術は全ての産業において関わる技術となり、プログラミング教育の重要性は世界的にますます高まっていく見込みです。

現在でもプログラミングの技術を持つ、もしくは習得を目指している人材は増えてきており、そうするとプログラミングができるだけではIT業界での転職は難しい、

もしくはこれからもっと難しくなっていくというのが現実です。IT業界は、プログラミングではなく開発ができる人材を求めているのです。

 

続きを読む

運営会社 | サイトマップ