サラリーマンと比較したフリーランスの魅力とは。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
魅力

フリーランスの魅力とはなんでしょう。

「会社に縛られない」「家族と自由に時間が持てる」「田舎でのんびりした暮らし」など、サラリーマンでは得ることの難しい様々な魅力があります。

今回は、サラリーマン生活では得られないフリーランスの魅力を取り上げます。

こんなに楽しい!魅力的なフリーランス生活

自由

フリーランスには、サラリーマン生活では得られない楽しさや、お金には代えがたい価値があります。それはいったいどういうものなのでしょうか。

サラリーマンでは得られないフリーランスの魅力とは

皆さんは、サラリーマンにはないフリーランスが持つ魅力とは何だと思いますか?「会社に縛られない」とか「家族との時間を自由に持てる」など、人によって答えはさまざまだと思いますが、フリーランスが持つ最大の魅力とは、「自由」ということです。

例えば

  • 仕事を選ぶ自由(クライアント、内容、報酬など)
  • 仕事をする場所を選択する自由(自宅、オフィス、カフェ、図書館など)
  • 仕事をする時間を選択する自由(朝、夜など)
  • 休暇を取る自由(いつでも休める)

サラリーマンであれば、こういった自由はありませんよね。朝に出社し、夜に帰宅する。その間はオフィスの自分の机で仕事をする。休暇は冬季、夏季などの決まった時期にしか取得できない。こういった制約からフリーランスは解放されています。

もっとも、客先常駐型で働くフリーランスの場合はこの通りにはならないのですが、それでも、仕事を選ぶ自由だけは保証されています。

さまざまな制約から解放され、自分の裁量で仕事が出来るようになる。これがフリーランスの持つ最大の魅力です。

実現!ライフステージに合わせた働き方ができるフリーランス

選択できる自由が多いため、ライフステージに合わせた働き方が出来るというのもフリーランスの魅力です。

例えば、結婚して子どもが生まれると「子育て」、親が高齢になってくると「介護」が必要な場合があります。
他にも、個人や家庭をとりまくさまざまな状況の変化に合わせて働き方を変えざるを得ないこともあるでしょう。

会社員であれば、ライフステージの変化によって退職せざるを得ないこともあります。
しかし、フリーランスで働く場合は、自分の裁量で働き方を変えていけるので、例えば以下のようにライフステージに合わせた働き方を選択することが出来ます。

  • 子どもが保育園や小学校に通う:主に昼間に仕事をする。時間は短め
  • 子どもが独立した:フルタイム並みに労働時間を増やす
  • 親の介護が必要:デイサービスなどの利用時間に仕事。時間は短め

このように、自分のライフステージに応じて働き方を自由に変えていくことが出来ます。収入も含めた仕事量のコントロールが必要ですが、仕事を辞める=会社を辞めるという考え方がないため、仕事を辞める、という発想とはそもそも違うと思います。その考え方が出来るのも大きな魅力ですよね。

フリーランスで潤いある人生を実現しよう

働き方が自由になった結果、サラリーマンでは困難な、潤いのある人生を実現することができます。

例えば

  • 家族でゆったりと田舎暮らしをする
  • 世界中を旅しながら仕事をする
  • 仕事をしながらボランティア活動などにも精力的に参加する

などが挙げられます。

他にも、子供と触れ合う時間が十分に取れないというサラリーマンも多いですが、フリーランスの場合は、仕事の時間や量を調整することで子供や家族と触れ合う時間を沢山取ることが出来ます。これも、人生の潤いではないでしょうか。

まとめ

フリーランスとして生活することは、サラリーマンと違って「収入が安定しづらい」などのデメリットがあります。

しかし、それにも増して「自由である」という非常に大きな魅力があります。

  • 自分の裁量で仕事をし、ワークライフバランスを実現する
  • 家族や子どもたちとの時間を大切にした働き方を実現する

など、サラリーマンではなかなか実現し得ない潤いのある生活を実現できることはフリーランスの大きな魅力です。まさに「心の豊かさである幸福度」を重視していくことの大切さが叫ばれている中で、フリーランスという働き方はまさに時代が求めている働き方ではないでしょうか。

最終更新日:2018-09-12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

フォスターフリーランスチャットボット


Fosternet Inc. 

運営会社 | サイトマップ