ITエンジニア

客先での服装はどうしたら良いの?フリーランスで働く女性の私服テクニックを解説!

服装が決まらないフリーランス

客先常駐型のフリーランスで、服装を悩む方はいらっしゃるのではないでしょうか。スーツは無難でコーディネートをあまりしなくても良いため楽かもしれません。一方、私服のために仕事に影響を及ぼすことがあるかもしれないと不安になるかもしれませんが、それよりも、どのように服装を着こなすのかが大事なポイントです。

続きを読む

服装自由の客先に常駐する男性のフリーランスにおすすめな私服とは?

服装自由なフリーランス

常駐先での服装がスーツでなく、自由な私服で構わないとされている方は必見です!

自由であってもTPOを考えることは仕事での信頼を獲得する上で重要なことです。さらに、服装によっては良い印象を与え、自分をアピールすることができるので服装に気を配っていかないといけません。今回は常駐フリーランスにおすすめの私服についてご紹介します。

続きを読む

SEが転職で成功するために、知ってほしい失敗例

SE転職

SEと呼ばれるシステムエンジニアは今、かなりの売り手市場になっています。慢性的に続くITエンジニア不足にどの業界も頭を悩ませているからです。

しかし、沢山の情報を仕入れ、どんなに慎重な就職活動をしたとしても会社の本当の姿は実際に中に入ってみなければ分かりません。ベンチャー企業でありがちな、「SEが活き活きと働く、夢のある会社です」などと求人広告で使われる謳い文句に「だまされた」と気付いた頃にはもう手遅れとなってしまいます。

続きを読む

ITエンジニアがスキルアップするために必要な9つの秘訣

日々新しい技術が生まれ活用されていくIT業界では、エンジニアもそれに対応していくために常に学び、スキルアップしていくことが不可欠です。IT業界で生き残っていくのはスキルアップ無くしては不可能だとも言えます。

しかし、単にスキルアップと言っても、どういったことをして行けばよいのでしょうか。また、どういったスキルを身につけると良いのでしょうか。

今回は、エンジニアにとって必要なスキルアップのための秘訣を紹介します。

続きを読む

ITエンジニアならチェックしよう、IT女子とIT企業社長のブログ厳選!

かつてIT業界といえば、男性のエンジニアがほとんどで華やかさに欠ける職人的な文化がありました。

しかし、最近は女性のエンジニアが今までなかったような新たな視点を持って画期的な仕事をする例もたくさんあります。また、若手エンジニアがベンチャー企業を立ち上げて話題に上る成果を挙げている例もたくさんあります。

エンジニアとして、活躍している彼らのブログをチェックすることは刺激にもなり、また非常に得るものが多いですよ。

続きを読む

安心して働きたいフリーランスITエンジニアが信頼できるエージェントとは

会社員ではなくフリーランスITエンジニアとして働き始めると、自分で営業をし、交渉し、契約などといったことを全て1人で行う必要があります。これだけのことを1人でやっていると、「営業を頑張ったけど、忙しくてそれ以外が出来なかった」などと本末転倒の結果に繋がることもでてくるでしょう。また、契約する際にも、やはり会社員に比べて立場が弱いので、金額を下げられることもあるかもしれません。

こういった問題に対して、営業や契約を肩代わりしてくれるのが「エージェント」です。フリーランスITエンジニアが純粋に仕事に集中するために欠かせないエージェント。いったいどういったエージェントが良いのでしょうか。

続きを読む

ITエンジニアが今すぐ活用すべき転職サイト5選

転職サイト

現在、IT業界は大変な売り手市場であると言われています。

例えば2018年1月に転職サイトDODAが出した業種ごとのレポートによるとIT・通信分野での求人倍率は5.92%となり、実に求職者1人あたり6件近くの求人があることになります。

続きを読む

フリーランスになるなら今年がポイント!? 2018年問題を考える。

皆さんは「2018年問題」という言葉を聞いたことがありますか?今年、2018年は社会・経済に大きな影響を与えるいくつかの出来事があります。

今回は、それらの出来事「労働環境の変革」「人口減少」「教育環境の変化」について、どのように対応していけば良いのか。ともに考えていきましょう。

続きを読む

フリーランスにも影響あり!?RPAの導入による変化とは

皆さんはRPAという言葉を聞いたことがありますか。RPA(Robotic Process Automation)とは、事務作業や経理処理などこれまで人間がオフィスでやってきた単純作業を全てコンピュータに代行してもらおうとするものです。

このRPAの導入により社会はどのように変わるのでしょうか。また、ITエンジニアはRPAにどのように関わっていくべきなのでしょうか。

続きを読む

運営会社 | サイトマップ