フリーランス

フリーランスにも追い風。政府が推進する「働き方改革」のメリットと実施例

最近、TVなどで「働き方改革」という言葉がよく取り上げられるようになっています。政府が進めようとしている働き方改革は、どういう内容で、なぜ今行われようとしているのでしょうか。

今回は、働き方改革が行われようとしている理由やメリット、そして改革の現状について見ていきましょう。

続きを読む

フリーランスになったら登録すべき最強求人案件サイト5社

フリーランスでエンジニアをしていると自ら求人案件を探し、交渉、契約などすべて一人でやらなければなりません。企業相手の交渉では足元を見られるためか、単価を安く抑えられることもありがちです。

また、近年注目を集めているクラウドソーシングの仕事は、まだ単価が安いものが多く、大規模案件にはなりにくいのが現状です。また、依頼元企業に常駐して業務を行うことを必須条件として求められるような案件はそもそもクラウドソーシングでは成立しません。

フリーランスエンジニアの立場では、稼いでいくのに数々の困難が伴い、エンジニア以外の業務に時間と労力を削がれることが多く、こういったフリーランスエンジニアの人たちにとって頼りになるのがエージェントです。

続きを読む

すぐに始められるフリーランス!!開業から納税までの流れをご紹介

「フリーランスとして仕事をしたい」「独立してみたい」という思いをお持ちの方は多いと思います。しかし、実際にフリーランスとして働くには「開業」し、仕事を「受注」し、「納品」するという一連の流れに加え、毎年の確定申告による「納税」といった税務上の諸手続きなど多くの行うべき仕事があります。

続きを読む

フリーランス、法人化のメリットとデメリット

※2015年9月25日の記事を再構成(文言の追加)をして、2017年度版として作成したものです。

フリーランスとして仕事をいただき、事業が軌道に乗り、それなりに収入が得られるようになると、事業の法人化を検討する人も少なくないでしょう。

続きを読む

IT人材白書から考える、フリーランスを推進する日本で生きる道

これからのITエンジニアはどう生きていくべきなのか。当然企業や個人によって同じITエンジニアでも生き方は異なるものですが、それでも全体的なビジョンのようなものを知っていれば、それに従うもよし、反対の方向に向かうもよし、自分の生きていく道しるべをつけやすくなるでしょう。

続きを読む

サーバーエンジニアがクラウド時代に生き残るために

かつて企業でシステムを更新する際にSIベンダーに相談をすると、物理サーバーで構成されるシステム設計が当たり前でした。

しかし今や、企業でシステム更改を行う場合には、クラウドという選択肢を抜きにして語られることはほとんどなくなりました。「クラウド環境でのシステム構築を検討されてはいかがですか」と提案されるのです。

続きを読む

勘違いしがちな、フリーランスとフリーターの大きな違いとは?

多様な働き方が求められている時代です。ITエンジニアとしての腕に自信がある人ならば、会社員として働くのではなく、もっと自由に自分の腕を最大限に活かせるような働き方をしてみたいと考えているのではありませんか。

実際、現代ではエンジニアとして十分な技術力を持っていれば、日本全国働く場所はいくらでもありますし、働き方も選べます。

続きを読む

運営会社 | サイトマップ