特に大企業に勤める会社員や、公務員には、「住宅手当・家賃補助」「家族手当の支給」、「保養所など宿泊施設の提供」など、さまざまな福利厚生サービスが提供されているケースも少なくありません。
こういった便利な福利厚生サービス、フリーランスには全く無いと思っていませんか?

今回は、実はフリーランスでも使えるさまざまな福利厚生サービスを紹介します。

フリーランスが受けられる福利厚生サービスとは

会社員が受けられる福利厚生サービスは、企業によってさまざまですが、フリーランスの場合にはどういったものがあるのでしょうか。

フリーランスにとっての福利厚生サービスとは

福利厚生サービスは、フリーランスにとってどういったメリットがあるのでしょうか。また、会社員にとっての福利厚生サービスと違う部分はあるのでしょうか。

フリーランスにとっての福利厚生サービスのメリットと言えば、以下のようなものとなります。

  • 加入者だけでなく家族も福利厚生サービスを利用できる
  • 旅行の宿泊や保険、人間ドックなどの医療サービスの割引が受けられる
  • 介護などの際の給付金が受けられる

フリーランスが受けられる福利厚生サービスの一覧

会社員と異なり、フリーランスが受けられる福利厚生サービスにはいくつかの特徴があります。それらを3つのタイプに分けて紹介します。

フリーランスが受けられる福利厚生サービスは、提供のされ方によって大きく以下の3つに分けられます。そして、それぞれ特徴あるサービスを提供しています。

クラウドソーシング事業者による福利厚生サービス

ランサーズやクラウドワークスといった大手のクラウドソーシング事業者によって提供されているものです。これには、以下のようなものがあります。

  • 「健康・ヘルスケア」「育児介護サービス」「スポーツ・フィットネス」「食事・グルメ」「旅行優待」など全国の施設での利用優待
  • スキルアップのための研修サービス、資格取得支援
  • 法律、税務の無料相談サービス

など

クラウドソーシング事業者によって提供される福利厚生サービスには、大手企業などでよくある旅行や食事などのサービスのみならず、フリーランスならではの法律や税務の相談サービスなど多岐にわたっています。

フリーランス協会などの公益団体による福利厚生サービス

フリーランスを守る団体としてフリーランス協会というものがありますが、こういった公益団体によって提供されるサービスもあります。公益団体では、他にも商工会議所のCLUB CCIなどがあり、これらは以下のような福利厚生サービスを提供しています。

  • 保険会社と提携した傷害補償
  • 業務上に過誤などに備えたフリーランス賠償責任保険
  • 万が一働けない場合などに備えた所得補償制度
  • 健康診断の優待
  • コワーキングスペースなどの利用優待

など

フリーランスの場合は、個人として企業などのクライアントと仕事をすることになります。その際はどうしてもトラブルになることがあります。

会社員であればそういったことは法務部門が対応してくれることになりますが、フリーランスでは自分で解決する必要があります。

また、フリーランスにつきものの確定申告のサポートなど、税務面でのサポートや相談窓口など、フリーランスにとって便利で必要なサポートを受けられるようにもなっています。

このようにフリーランスは会社員と違って福利厚生がないという認識を持っている人が多いと思いますが、実はさまざまなサービスを受けることのできる仕組みがあります。

まとめ

一般の会社員などと違い、フリーランスの場合は福利厚生がないと思っている人は多いのではないでしょうか。

実は、フリーランスでも受けられる福利厚生にはさまざまな種類があります。例えば、宿泊施設やグルメなどの優待だけでなく、健康診断や人間ドックの補助もあります。また、賠償責任保険や法律・税務相談、コワーキングスペースの利用優待など、フリーランスとして仕事をする上でとても役に立つサービスも提供されています。

今まで、福利厚生を利用してこなかったフリーランスの皆さん、ぜひ今回の記事をきっかけにして自分にあった福利厚生サービスを積極的に活用してみましょう。

副業や在宅で仕事をするのが当たり前になってきましたが、企業に比べて営業力などが劣っているフリーランスにとっては、仕事をしてほしい相手とスキルなどを踏まえてマッチングしてくれるクラウドソーシングサービスはとてもありがたいものです。

しかし、こうしたクラウドソーシングサービスは、何も良いことばかりではありません。利用する際には気をつけるべきポイントがあります。

では、何に気をつける必要があるのでしょうか。 続きを読む

皆さんは普段どんなスマートフォンアプリを使っていますか?
フリーランスとして仕事をする場合、スケジュールの管理やクライアントとの連絡など、いろいろなスマートフォンアプリを使いこなすことは仕事の効率アップにとても効果があります。また、仕事を離れた息抜きにも楽しめるスマートフォンアプリがたくさんあります。
今回は、そんなフリーランスのあなたにオススメのスマートフォンアプリを紹介します。

続きを読む

少子高齢化とともに日本の労働人口が減少していく中、従来からの日本の伝統とも言える企業による終身雇用制度が崩れてきています。

このような中、従来の働き方とは全く異なるフリーランスという形を選ぶ人が増えています。会社員とは違う柔軟な働き方で、大きな可能性を持つ働き方であるフリーランスですが、果たして将来はどのようになっていくのでしょうか。 続きを読む

フリーランスでは、私服のまま働くことも多いですよね。

しかし、時にはクライアントとの打ち合わせなどで、スーツを着て外出することもあります。スーツ一つで相手の印象は大きく変わりますし、それが受注に結びつくこともあります。

また、客先常駐型で働くフリーランスの場合、服装はスーツ着用と指定される場合もあるでしょう。

今回は、フリーランスだからこそ気にしてほしいスーツについて考えてみました。

続きを読む

「フリーランスとして仕事をしてみたい」「好きなことを仕事にしたい」など、従来の会社勤めではなく新しい働き方としてのフリーランスを目指す女性が増えています。

しかし、女性がフリーランスという働き方を目指す場合、男性とはまた違う部分で気をつけるべきことがあります。それはどういったところでしょうか。

続きを読む

「フリーランスは収入が不安定」とよく言われます。会社員などのサラリーマンが一定の給与を受け取れるのに対して、フリーランスはたくさん仕事をすれば収入は増えますが、仕事がなければ収入はありません。生活をすることを考えると、非常に不安定です。

人として安定した生活するためにも、フリーランスとして一定の収入を得る必要があります。では、どのようにすれば収入を安定させていくことが出来るのでしょうか。

続きを読む

日本国民全員に12桁のマイナンバーを割り当てたマイナンバー制度は、社会保障や税などの分野に限定して運用されています。このマイナンバーを記載したカードがマイナンバーカードで、身分証明書などとして利用することが出来ます。

しかし、実際には身分証明書として多くの人が使っているのは運転免許証ですよね。果たしてマイナンバーカードは取得するメリットがあるのでしょうか。特にフリーランスで働く場合に着目して考えてみましょう。

続きを読む

2017年の世界保健デーのテーマは「うつ病」でした。世界保健機関(WHO)によると、世界のうつ病患者は3億人を上回っています。国内でも厚生労働省の調べでは平成26年度で112万人が医療機関を受診しています。

このように増加するうつ病患者ですが、この状況はフリーランスで働く人々にとっても同じです。働けなくなると収入が途絶えるフリーランス。うつ病を予防するためにはどうすれば良いのでしょうか。

続きを読む

日々新しい技術が生まれ活用されていくIT業界では、エンジニアもそれに対応していくために常に学び、スキルアップしていくことが不可欠です。IT業界で生き残っていくのはスキルアップ無くしては不可能だとも言えます。

しかし、単にスキルアップと言っても、どういったことをして行けばよいのでしょうか。また、どういったスキルを身につけると良いのでしょうか。

今回は、エンジニアにとって必要なスキルアップのための秘訣を紹介します。

続きを読む

運営会社 | サイトマップ